テクノロジーを駆使した「光のアートワーク」松尾高弘の大型インスタレーション@コンラッド大阪

“光”のアートワークで国内外の注目を集めるアーティスト松尾高弘さん。2017年新作の3つの大型インスタレーションが、大阪・中之島エリアにオープンし、大きな話題となっているスマート・ラグジュアリーホテル「コンラッド大阪」に常設されます。

コンラッド大阪では都心にいながらも自然や宇宙を感じられるよう、インスピレーション溢れる体験を提供する館内アートが、なんと389点も公開となっています。

ここでご紹介する光のアートワークは、そんなアート作品の中でも、ひときわ目を引く大型のインスタレーション。ウェルカムエリアとなるエントランス周りと40階ラウンジエリアに配置されています。

多彩な表現と多様なテクノロジーによって生まれるアート。常設のインスタレーション3点をご紹介していきましょう!

1.Phenomenon(フェノメノン)VISUAL INSTALLATION / 2017 @1F Hotel Entrance

©Nacasa & Partners / ©LUCENT

©Nacasa & Partners / ©LUCENT

こちらは、気流や水などの 流体現象を、無数の発光点群のふるまいによって視覚化した映像インスタレーションです。実際の物理法則に基づき、緻密に計算された数百万個の粒子の塊が、無重力空間のキャンパスで刻々とフォルムを変え、流れながら漂い、消えていく。時間帯によって、ホワイト、ブルー、ゴールドに色が変化するそう。

こちらから映像も見れますよ。

まるで、生命力溢れる何かが蠢いているようにも見えますね。

2.Prism Chandelier(プリズム シャンデリア)LIGHTING OBJECT / 2017 @1F Elevator Hall

©Nacasa & Partners / ©LUCENT

©Nacasa & Partners / ©LUCENT

こちらは、立体的な幾何学折りのプリズムエレメントから構成されたアートシャンデリアです。虹色の光が生み出されるよう。

見ているとなんだか宇宙にもぐりこんだ気分になりそうですね。

3.AURA(アウラ)INSTALLATION / 2017 @40F Lobby Entrance

©Nacasa & Partners / ©LUCENT

3万ものエレメントから構成された、“光”のインスタレーション。無数のプリズムを内包するその輝きは、一日の太陽光の変化に従って様々に移ろい、作品を透過して生まれる数えきれないほどの虹が、ダイナミックに空間を満たすそうです。

移ろいゆく時間の中で、じっくりと鑑賞したいですね。

こちらから映像も見れますよ。

虹色の光が、なんだか遊んでいるようにも見えます^^

こちらの、インスタレーションも紹介されている、館内アートの詳細はこちらからご確認ください。

URL: http://www.conradosaka.jp/news/detail/2309

”光”のアーティスト 松尾高弘さん

LUCENT代表
九州芸術工科大学大学院 芸術工学研究科修了

映像、照明、テクノロジー、インタラクションと、美的表現を融合させる光のインスタレーションを手がける。自ら制作する映像やライティング、プログラミングなど、多彩な表現と技術によりアートワークを一貫して構築。自然界の現象と法則性、イマジネーションによる繊細な光の表現と、直感的な参加性によるエモーショナルな作品群によって、世界各国のアート展、パブリックスペースのインスタレーションや、商空間のインタクティブアート、ラグジュアリーブランドのためのアートワークを展開している。

  • 2007年:世界的なメディアアートの祭典「アルスエレクトロニカ」(オーストリア)での作品常設
  • 2009年:ミラノサローネ(イタリア)でのキヤノン「NEOREAL」展
  • 2011年:個展「LIGHT EMOTION」を開催
  • 以降は多様なテクノロジーとフィールドをベースに、様々なアートとデザインを横断するクリエイションを行っている。

詳細は、公式サイトでご確認いただけます。
http://www.lucent-design.co.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

自分の五感が震えるような御ニューを御届けいたします。 知らないことや分からないことも多いので、調べながらの執筆です。 「ありゃ、こんなこと知らないのかい?」と思いながら読んでいただけるとこれ幸い。