脳がパニックを起こす!「進化する不可能立体錯視 ~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」が 8月19日まで 開催

おそらく誰もがだまし絵を1度は見たことがあるのではないでしょうか。だまし絵の中の1つである「不可能立体」という言葉は聞いたことはありますでしょうか。調べたところ不可能立体 は一種の錯視であり、視覚によって3次元の投影図として解釈されるような2次元の図形だが、実際にはそのような3次元物体は(少なくとも視覚が解釈した通りには)実在不可能ということらしいです。

「不可能立体の絵」と呼ばれるだまし絵の中には、その名に反して立体化できるものがあり、さまざまな種類の不可能立体が見つかり、企画展「進化する不可能立体錯視~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」ではそんな不可能立体を展示しています。

どうなっているの?不思議だらけな立体

あり得ない動きが見えてくる「不可能モーション立体」、この記事トップの画像のように鏡に映すと姿が変わる「変身立体」、回転させると形が徐々に変わるように見える「軟体立体」などを発見順に第1世代から第6世代までに分類して展示します。立体の形を理性で理解した後でも、特別な視点から眺めると再び錯覚が起こってしまう脳の不条理を体験できます。夏休みの自由研究にもよさそうですね。

第4世代不可能立体「2階建て十字路」

開催概要

名 称:「進化する不可能立体錯視~真実がわかっても逃れられない不条理の世界」
会 場:明治大学博物館 特別展示室(駿河台キャンパス・アカデミーコモン地階)
会 期:7月4日(火)~8月19日(土)。入場無料
休館日:8月10日(木)~8月16日(水)