思想家たちの理想『まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦』 発売中

日経ナショナル ジオグラフィック社は、『まぼろしの奇想建築天才が夢みた不可能な挑戦』を9月10日(月)に発行しました。

本書は、聖堂、宮殿、監獄、モニュメント、ビル、都市など、建築家や芸術家、思想家たちが理想を掲げ、かつ妄想を最大限に発揮した、実際には存在しなかった建造物を紹介したビジュアル書籍です。

偉大な建築家・芸術家の理想の建築物

フランス国王を讃えるゾウの形をした凱旋門、ピラミッドより巨大な球形のニュートン記念堂、高さ1.6キロの超高層ビルなど、創造力を自在に駆使し、考えうる最高のデザインと機能性を追い求め、新しい未来を切り開こうとした革新的なアイデアに驚きがやむことはありません。

幻に終わったにもかかわらず、今日まで語り継がれ、人々の心を惹きつけてやまない、実現すれば息をのむような作品になったであろう、常識をひっくり返すような挑戦に、仰天し、にやりとし、感嘆する。そんな建築物にまつわる50の物語を紹介。時代を超えて語り継がれる夢の設計に、目が離せなくなる一冊です。

書籍概要

『まぼろしの奇想建築 天才が夢みた不可能な挑戦』
2018年9月10日発行/定価 2,700円+税/256ページ/ハードカバー/
サイズ:天地246mm×左右189mm/フィリップ・ウィルキンソン著/
関谷冬華訳/発行:日経ナショナル ジオグラフィック社

【主な内容】
CHAPTER1:夢見た理想の都市
 ザンクト・ガレン修道院/ダ・ヴィンチの階層構造都市ほか
CHAPTER2:啓蒙時代が生んだ奇妙な空間
 ホワイトホール宮殿/セント・ポール大聖堂ほか
CHAPTER3:急成長する都市
 ピラミッド型墓地/アクロポリスの丘の宮殿ほか
CHAPTER4:建築の革命
 万国博覧会のための音楽堂/フリードリヒ通りビルほか
CHAPTER5:輝く都市
 ガラスの家/空中レストラン/カトリック大聖堂ほか
CHAPTER6:そして未来へ
 東京計画/ウォーキング・シティ/マンハッタンドーム ほか

ナショジオストア http://nationalgeographic.jp/atcl/product/18/080600016/
Amazon  https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134185/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)