目からウロコ!1 日1 コマで気軽に描ける「マンスリー絵日記」を始めてみませんか?

夏本番らしく、最近は特に暑いですね。夏といえば小学生の時に夏休みの宿題で絵日記を描いたことはないですか?中には夏休みの最初はちゃんと描いていたけど途中からサボって終わる直前に慌てて描いたなんていう人もいるのでは?最近、こんなデータも発表されたんです。

ゼブラ株式会社が2017 年6 月に行ったアンケート調査では、「日記をつけたことがある」と答えた人は86%に上りました。日記を書くことでさまざまなメリットも感じるという声も多かったですが、「3 日坊主で終わった」人は80%と、圧倒的な挫折率の高さ。日記をつけることに興味を持って日記帳を買って来ても、ページ全部を埋めないといけない気になっちゃって「途中で挫折」しやすいのが難点ですよね。

意外と気づかなかった新しい日記の形

気軽に始められるのが「マンスリー絵日記」です。手帳やカレンダーのマンスリーページを使って、その日あったちょっと良いことや、頑張ったこと、またはファッションコーディネートなどを1 日1 枠ずつ、記録します。テーマを設けて1 日1枠ずつ埋めていくと、1 カ月後見たときに1 日1 日の記録と全体が一目瞭然。絵を書く代わりに図形やスタンプ、シールなどを使って手軽に楽しむのもおすすめです。

こんな風にその日の運動を記録したり、1ヶ月間のコーディネートを記録するのも面白そう。コーディネートの記録は後から見返すとこの日は急に寒くなったのかな、なんていう記録にもなりそう。毎日出かける直前に、どの服を着るか迷うという人は予定に合わせてあらかじめこの日はこの服を着るなんていう予定表としても面白そうです。