“ただ削るだけ”で時間を忘れ夢中になれる!『気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界』が4月27日(金)発売

創業から110年の歴史を持つ老舗出版社、株式会社神宮館は新刊『気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界』を2018年4月27日(金)に発売します。本書は、浮世絵師のなかで最も有名である葛飾北斎の世界をスクラッチアートで再現したものです。

スクラッチアートとは、キラキラしたホログラムのシートや色鮮やかなシートの上に貼られた特殊加工した黒いシートの下絵を付属の専用ペンでなぞってけずるだけで、初心者でも簡単に作品を描くことができるものです。背景を描き足したり、自分で好きな面を削るとオリジナルの作品にもなります。シートは全6枚入り、専用のペンが付いているので、すぐにでも始めることができます。

最近流行りのスクラッチアート

削るのが快感で、一度始めると止まらない

下絵に沿ってシートの線を削っていくだけで、誰でも手軽に作品を作ることができます。削るといっても彫刻刀で木版を削るような堅さや難しさはなく、専用ペンで力を入れず線をなぞるような感覚で削れます。カリカリと削る振動が心地よく、一度始めると時間を忘れるほど夢中になり、止まらなくなります。

葛飾北斎の世界をスクラッチアートで再現

世界的にも有名な江戸時代の浮世絵師である葛飾北斎の作品をスクラッチアートで再現しました。本書には葛飾北斎の代名詞である『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』や江戸の町並みがわかる『冨嶽三十六景 深川万年橋下』、菊の表裏まで克明に描いた『菊に虻』など6点が収められています。葛飾北斎の絵を細部にまで再現しているので、なぞるだけで北斎の絵を描くことができます。さらに下絵以外の部分を削れば、北斎の世界に一味追加したオリジナルアート作品を描くことができます。

書籍概要

書名 : 気持ちが穏やかになるスクラッチアート 北斎の世界
仕様 : 26.7cm×26cm
価格 : 本体1,380+税
発売 : 2018年4月27日
発行元: 株式会社 神宮館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)