「GUDAdrum(グーダドラム)」って知ってる?日本初のグーダドラムの彫刻個展が神戸三宮にて1/11~1/16に開催

Office Starseedsは、アーティストのダニーロ・強による「GUDAdrum(グーダドラム)」日本初の彫刻個展“More than INSTRUMENT”を神戸三宮・北野坂にある「FLORE Artist Gallery」にて2018年1月11日(木)~1月16日(火)に開催します。

GUDAdrum(グーダドラム)とは

2013年にあるウクライナ人によって開発された「グーダドラム」。
この楽器が日本に本格上陸してはや1年となり、年齢・職業・肩書を超えた様々な方々に愛されています。老若男女問わず、幅広く愛される理由は「技術や知識がなくても音を外す事なくその美しい音を鳴らせて、直感的に自由にメロディを奏でられる」と言う点にあります。グーダドラムは小さなUFOの様な形をしており、8つの音で構成されています。スリットドラムの一種で、ステンレス製、音階(8つの音の組み合わせ)は多種多様、それぞれ違った音色の世界観を持っています。切り込みが入ったスリット部分を指ではじくと、美しい音色が響き渡り、音階が定まっているため、誰が奏でても調和のとれた音が鳴ります。
「楽器を始めようと試みたものの、断念して楽器がタンスの中で眠っている…」と言う経験をされた事があるとよく耳にしますが、グーダドラムは技術や知識よりも、感覚・思いつきで奏でられる楽器なので「音楽の演奏=ハードルが高い」という概念を覆してくれます。

見た目にも注目!

グーダドラムの魅力は、奏でやすさ、音色の美しさだけには止まりません。もう一つの大きな見どころは、ドラム本体に掘られた「彫刻」です。
幾何学模様や、翼、太陽、月、蓮の花など…美しく神秘的で洗練された彫刻デザインも、ダニーロ・強が提案するグーダドラムの魅力。美しい癒しの音色が奏でられ、芸術作品としても注目されている、魅力満点の楽器です。

日本初 「グーダドラム」個展 “More than INSTRUMENT”

そんなグーダドラムの奏者・彫刻家であり、輸入販売も行っているアーティストのダニーロ・強による日本初となるグーダドラム個展を開催します。
個展ではこれまでの作品に加えて新しい“四神”を代表とした新作モデル数点を発表。ギャラリー内ではグーダドラム作品の展示だけではなく、ダニーロ・強がギリシャ、バリ、各地の聖地でグーダドラムを奏でたプロモーションビデオなども上映を予定しています。

また、グーダドラムが体験出来るブースも設けているため、実際に触れて奏でてみたい方は必見です。グーダドラムのCD試聴&物販ブース、Cafeスペース(11日~14日)もあり、どなたでも気軽に楽しめます。

<開催概要>
グーダドラム個展 “More than INSTRUMENT”
日付 : 2018年1月11日(木)~1月16日(火)
場所 : FLORE Artist Gallery
     兵庫県神戸市中央区山本通1丁目7−9 ブーミン北野1F
入場料: 無料
URL  : http://gudadrumexhibition.peatix.com