北欧&ガラスファン必見!【スウェーデンのガラス作家エリック・ホグランの展示会】@デリエ イデー

新丸ビル内にあるデリエ イデーで、スウェーデンを代表するガラス作家の一人、エリック・ホグランの希少な作品が集結する展示会が開催されます。

新しいけれど、どこか異国情緒を感じるようなガラス作品…

そんなエリック・ホグランのガラスの器、現地でも人気で手に入りにくなってきた燭台、絵やリトグラフが展示販売されます。

エリック・ホグランの作品は、ヨーロッパの土着文化や南米/アフリカの民藝にインスパイアされたプリミティヴな作風に、スウェーデンの伝統的なガラスを調和させたそう。

各地のプリミティヴな要素と、スウェーデンの伝統と、現代の作り手が合わさり、力強く洗練された印象になっているんですね。

北欧好き、ガラス作品好き、そしてインテリア好きな方、是非一度、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

Erik Höglund Exhibition エリック・ホグラン展

開催期間:2016年7月21日(金)~8月14日(月)
開催店舗:デリエ イデー
店舗URL:http://www.idee.co.jp/shop/delier_marunouchi/

Erik Höglund(エリック・ホグラン) 1932~1998

ストックホルムのKonstfack(国立芸術工芸デザイン大学)で彫刻を学んだ後、1953年にBODA 社(現Kosta Boda)にデザイナーとして入社、表情豊かで個性的な作品を数多く発表しました。1957年にはBODA 社での作品が評価され、北欧においてデザインの最も権威あるルニング賞を獲得。手のぬくもり溢れるプリミティヴな作風は、北欧のガラス工芸に新しい風を吹き込みました。

ABOUTこの記事をかいた人

自分の五感が震えるような御ニューを御届けいたします。 知らないことや分からないことも多いので、調べながらの執筆です。 「ありゃ、こんなこと知らないのかい?」と思いながら読んでいただけるとこれ幸い。