トップフラワーアーティストによる世界最高峰の作品が集結 ニコライ バーグマンの特別展示も 10.7-11.5@長崎

ハウステンボスでは2017年10月7日(土)から11月5日(日)まで、「花の世界大会」を開催します。
本大会の目玉は、12ヵ国13作品の中から世界一の座をかけて美を競う、国内唯一の世界大会「インターナショナルフラワーコンテスト」。さらに、世界一流のフラワーアーティストによる特別展示も同時開催いたします。場内最高級ホテル・ホテルヨーロッパでは、現代フラワーデザイン界を牽引するニコライ バーグマン氏の作品を展示。その他、インターフローラワールドカップ2010の優勝者ステイン アー ハンセン氏をはじめとしたフラワーアーティスト5名による特別展示が、荘厳な宮殿やチャペルでご覧いただけます。

また、国内トップガーデナーによる約100㎡のショーガーデン、自宅に取り入れたくなる実用的なテラスガーデンやハンギングバスケットコンテストの作品展示など、ガーデニングショーも開催。期間中は、ガーデンツアーやミュージシャンのコンサートなど様々なイベントもお楽しみいただけます。
世界最高峰のアーティストによる、花の芸術作品の共演を、この機会に鑑賞してみてはいかがでしょうか。

荘厳な宮殿、重厚感のあるホテルがさらに感動の空間に。花の芸術作品「特別展示」

※画像は過去の作品
本大会の目玉となる、部屋丸ごと一室を花で飾る特別展示「空間装飾」。その舞台となる場所も、そのものが芸術作品であるかのような優美さ。部屋ごとの持ち味とデザイン性の高いフラワーアートを融合させる、トップアーティストの技に酔いしれよう。

国内唯一の花の世界大会「インターナショナルフラワーコンテスト」

国際コンテスト受賞歴をもつ13名のアーティストの作品が一堂に集結。

【特別展示/空間装飾】

有名ブランドとのコラボレーション多数「フラワーボックス」の生みの親
ニコライ バーグマン

北欧のセンスに和の感性を融合した独自のスタイルを確立。その名前は現代フラワーデザインの代名詞としても有名。「フラワーボックス」というギフトスタイルは彼が生み出したもの。本大会では「Fall Foliage Falling」をテーマに、秋の風や落ち葉を思わせる壮大なフラワーアートを展示。

インターフローラワールドカップ2010優勝 ステイン アー ハンセン

ノルウェー出身のマスターフローリスト。2010年には世界で最も権威のあるフラワーアートの世界大会「インターフローラワールドカップ」で優勝し、現在世界の五指に数えられる。

インターナショナルフラワーコンテスト】12か国13作品が世界一の座をかけ美を競い合う

花の特性や最先端の技術、研ぎ澄まされたセンスが融合し生み出される、有限の美を堪能

ドイツ、ハンガリー、エストニア、ポーランド、ベトナム、中国、日本など、西洋東洋問わず、様々な国のトップアーティストたちが一堂に集結。それぞれの作品がパレス ハウステンボスの館内に展示され一般公開される。 ※画像は過去作品

パレス ハウステンボス館内では「ピカソと20世紀フランス絵画展」、前では野外オペラ「愛の妙薬」公演も開催!

※花の世界大会メイン会場「パレス ハウステンボス」への入場には、ハウステンボス1DAYパスポートや年間会員パスポート提示で別途500円、散策チケット提示で別途700円が必要となります。