ノーマライゼーションをテーマに活動する画家の初個展「Satoly Art World展」開催8.23-29@東京

小田急百貨店新宿店では、8月23日(水)~29日(火)、本館10階美術画廊において、「ノーマライゼーション」の世界を広めるべく、障害者のためのアートイベントなどを各地で開催する画家・Satolyさんによる初めての個展「Satoly Art World展」が開催されます。

「心の絆をアートで咲かそ」

キャンバスや紙に描いた心に響く作品が約50点集結!

「ノーマライゼーションの種」

Satolyさんが活動のテーマとする「ノーマライゼーション」とは、障害者や高齢者がほかの人々と等しく生きる社会、福祉環境の整備、実現を目指す考え方のことです。Satolyさんは、アートの力で見えない心の傷を癒したい、ノーマライゼーションの世界を広げたいという願いを込めて、障害の有無に関係なくどんな方でも楽しめる作品を描いています。

本展覧会では、動物や自然などをモチーフにしたペン画・水彩画や、点字や凹凸をつけた触れるアートなど約50点を展示販売されます。キャンバスや紙に描いた心に響く作品の数々を取り揃えます。<出品サイズ:0~20号サイズ/価格:20,000円~500,000円(税抜)>

また、8月23日(水)~25日(金)には、これまで盲学校や社会自立支援センターなどで、障害のある方々と共に絵を描くなどのボランティア活動を行ってきたSatolyさんを交えた「ワークショップ」が開催されます。

ワークショップ

「蝶々」

日時:8月23日(水)~25日(金) 13時~17時

Satolyさんを交え、ドライヤーで熱を加えるとモコモコとふくらむペンと紙を使用し、視覚障害の方でも触って楽しめる絵を描くワークショップが開催されます。

Satoly プロフィール

1985年生まれ、北海道育ち。
医療職を辞め2013年から画家としての活動をスタート。
障害者のためのアートイベントを各地で開催し、絵を通して
誰もが暮らしやすい社会を目指す活動をしている。

開催概要

名  称:「Satoly Art World展 アートで咲かそ」

期  間:2017年8月23日(水)~29日(火)

場  所:小田急百貨店新宿店 本館10階美術画廊

所 在 地:東京都新宿区西新宿1‐1‐3

アクセス:JR、小田急線ほか私鉄各線 新宿駅西口すぐ