松戸の作家の個展 坂元洋介作品展

10月23日(火曜)より、千葉県の松戸市文化会館「森のホール21」で松戸の作家の個展、坂元洋介作品展を開催いたします。ぜひご鑑賞ください。

坂元洋介〈サンクチュアリ〉10号S 2016年 和紙 岩絵具/日本画

松戸市在住の画家・坂元洋介さんの個展を10月23日から松戸市文化会館「森のホール21」で開催します。
坂元さんは昭和50年早稲田大学法学部を卒業後、画家の田中青坪に師事して本格的に日本画を学びます。平成3年春の院展に初入選、平成5年には院展に初入選し、以降、「青林会」「武蔵野会」などにも活躍の場を広げ、現在日本美術院院友、現代墨の作家展理事、松戸美術会会員として精力的に作品発表をおこなっています。

今回の松戸の作家の個展では、日本画を中心に、柔らかな色彩で描かれた作品を展示します。坂元洋介さんの作品をぜひ間近で観てみませんか。

松戸の作家の個展 坂元洋介作品展

会期
2018年10月23日(火曜)~12月24日(月曜)
会場
森のホール21 アートスペース(1階エントランスホール内)
開館時間
午前9時から午後10時まで
休館日
月曜日(ただし12月24日は開館)
観覧料
無料

※松戸の作家の個展とは
松戸市の文化芸術の振興を図るため、松戸市在住・在勤美術作家の活動を市民の皆様にご紹介する事業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)